システムエンジニアとして独立する前に

会社からの無理な注文に残業や休日返上をして働いていると、システムエンジニアとしてこのままで良いのかと考える方もいるだろう。
毎日繰り返されていると、会社を辞めて独立をしたいという考えに行き着く方も居るかもしれない。

独立をしてフリーになった場合、どのようなイメージが浮かぶだろうか。
例えば、収入に関して会社に搾取されずにそのまま手元に入って来ると考える方も居るかもしれない。
中には、会社に無理やり拘束されず、自分の自由に出来るので精神的に非常に楽だと考える方もいるだろう。
そのイメージは確かに正解かも知れないが、同時に考えておきたいことがある。
もし甘いことばかりしか考えていないと、実際にフリーになった時に痛い目に遭ってしまう可能性が高いのだ。
確かに、ITが世界から無くならない限り、システムエンジニアの需要はなくならないだろう。
人手不足だから、とにかく仕事をして貰いたい会社は多いかもしれないが、だからといってきちんとした仕事をしてくれる相手でなければいけないのだ。

システムエンジニアとして独立をすればとにかく、単価の大きな仕事が何も考えなくてもどんどん、入って来ると考えるかもしれない。
だが、フリーとなれば会社の名前が無く、自分の力で仕事を取らなければならない。
業界で名前が知られていて、会社を辞めて独り立ちしたり、事前に人間関係を築いてるならともかく、思いつきで独立した場合、仕事不足に参るだろう。
そうならないために下準備は大切である。独立の参考になる<<<SEのための独立支援研究所>>>を貼っておくので目を通してみるのも良いだろう。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です