システムエンジニアへの期待

システムエンジニアと聞くと、何となく技術力を持った優秀な人材の集まりというイメージを持つ人も多いかもしれません。その実態は、結果を強く求められる職業である。

理科系大学などを卒業し、意気揚々とシステムエンジニアの道を選択する人も少なくないが、まずは、仕事の難しさを体感することから始まるといえる。
先方の求めるものを作り上げてこそ仕事として成立する世界であり、自己満足は一切通用しないのである。
むろん、上司や先輩の助言を受けることもできるが、最終的には自力が必要になるのはいうまでもない。
最初の壁を乗り越えても、安泰というわけではない。
顧客のリクエストは次から次へとエスカレートしてくるといえる。
ネット社会の到来により、企業を取り巻く環境は大きく変化を遂げ、よりグローバル化や多様化が進んでおり、エンジニアは、その流れについていくのはもとより、先んじていかなくてはいけない立場である。

紆余曲折を経て、システムエンジニアとしての独立を手に入れたとしても、その後の人生が保証されるわけではなく、むしろ、厳しい局面にあたることも念頭におく必要がある。
独立といえば聞こえはいいが、すべての責任を自らが負うことになる。
決して言い訳は許されなくなる。今まであれば、問題にぶち当たったときに、相談することができた上司は存在せず、自分の力で解決しなくてはいけないのである。リスクはあるが、やりがいも多いといえる。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です